仕事 ストレス 涙が止まらない

仕事 ストレス 涙が止まらない〜何度もあるけれど…。

仕事 ストレス 涙が止まらない

仕事 ストレス 涙が止まらない

仕事のストレスで涙が止まらない日は何度かありました。

 

当時の状況を振り返るとなんですが、仕事のストレスで涙が止まらないくらいになるという事は、
もうすでに自分の仕事の量の限界を越えて過ごしているというのも一つだったんだと思います。

 

自分が出来る仕事量を越えていても、他にやる人がいないし責任を持たなければならないからやるしかない、
そんあことを毎日繰り返していたら、
職場のストレスが原因でうつ病の症状があると診断されてもしょうがないですよね。

 

・あからさまに態度に出す女の末路

 

仕事ストレスやばい

仕事のストレスから涙が止まらない状態になってしまったらかなり厄介ですが、
もし、自分で仕事のストレスでやばいと認識できる反中だとしたら、
限界と感じていたとしてもまだ限界ではないと思いますので、
その場合は早めにストレスを解消するように、日々過ごす姿勢でいてください。

 

そうすれば仕事のストレスで涙が止まらないような状態まではいかずに済むと思います。

 

仕事 ストレス 診断

仕事のストレス診断について、まだ仕事のストレスで涙が止まらない様なところまではいってないけれど、
やっぱり仕事のストレスを感じているという場合は簡単にチェックできるようなサイトとか今はあるので、
そういうのを利用して目安にしてみるといいかと思います。

 

→ https://kokoro.mhlw.go.jp/check/

 

仕事 ストレス 解消

仕事のストレスを解消するとしたら、まずは自分が仕事を辞めたとしたら一番先に何をしたいかを考えると、
自分なりのストレス解消法が見えてくる場合があります。

 

実際わたしは、それが出来なくて仕事のストレスで涙が止まらない状態になったんですが、
自分の趣味などを楽しむ時間が全く無かったかと言うと、発散することを真剣に考えていれば、
それが出来たんだと思います。

 

不思議なことに、仕事が原因のストレスで涙が止まらない状態まで追い込まれるまで、
自分はストレスはないと思ってましたから。

 

ライフポイントが減っていることに気がつければ、もう少し職場にも居られたかもしれないですが、
結局、転職する羽目になったのは変わらないと思います。

 

バイトでも何でもいいからもう辞めたいと、そう言えば何度も思っていました。

 

仕事 ストレス 限界

仕事のストレスの限界って、私の印象では急に来るから怖いです。

 

本当の限界です。

 

仕事のストレスで涙が止まらないというのが引き金に、
その後、自分の意志とは別に会社に行けなくなったんです。

 

カラダが動かないんですよね。

 

私は会社も会社の人間も前は好きだったんですが、急に会社の体制が変わって、
社内の人間関係は滅茶苦茶になり、リストラや派遣を切り捨て、
少人数で今までの仕事量をこなさなければならず、
みんなが私と同じように仕事にストレスを感じ、現場の雰囲気は最悪の状態でした。

 

年収が低いうえに残業代は出ない、今だったら確実に訴えられる場所もあるんでしょうけれど、
当時はそういう場所も少なかったんですよね。

 

誰にも相談することもできず、家族に当たるような毎日についに心が壊れたんだと思います。

 

仕事のストレスから涙が止まらない事が多くなり、
黙っていても休みの日も仕事のストレスから涙が止まらない、私の人生始まって以来の異常な状態だったと思います。

 

上司に対しても良かりしかなかったのを覚えています。

 

現場が酷い思いをしているにもかかわらず、上司は自分の机のパソコンで上海で遊んでるのを見て、
それを見ても文句を言えない自分に嫌気がさし、そういう理不尽な仕事のストレスが重なり、
涙が止まらない状態になったのも間違いないと思います。

 

仕事 ストレス 辞めたい

仕事のストレスから最初に辞めたいと思った時、次のステージについて真剣に考えていれば、
たぶん違った状況もあったと、そこは唯一後悔するところです。

 

どうせ転職するのであれば、仕事のストレスで涙が止まらない状態になるまで頑張る必要はなかったと、
そう思う事もたまにありますね。

 

仕事 ストレス 人間関係

仕事のストレスの大半は人間関係じゃないでしょうか、そこが良ければどうにか頑張れるんですよね。

 

これが私の経験談から得たものです。

 

仕事のストレスで涙が止まらないところまでになるのは、大嫌いな人間いたいして、
無理に我慢しているからではないでしょうか。

 

自分の人生について考えてみてください。

 

調べてみると、素敵なステージが外には山のようにあります。

page top