爪 薄い 柔らかい

爪が薄い。柔らかい。原因として考えられる理由

爪 薄い 柔らかい

爪 薄い 柔らかい

爪が薄かったり柔らかい事で困るのは、出かけた先で割れたり剥がれたり裂けたりするのが困るんですよね。

 

私は一応、爪切りなど、爪をケアするセットを一式持ち歩くようにしているんですけど、
爪のトラブルになった時に限って、それを忘れてしまったりして、その時は最悪です。

 

大事な予定、デート等の時も、爪のトラブルを抱えたまま、その日を過ごさなければならない、
爪のダメージって思ってる以上にストレスで嫌ですよね。なので私は日頃からのケアを大事にしています。

 

私は親を恨んでました。
ごくごく普通の派遣社員、彼氏もずっといない30過ぎの私、

なんか自分のせいだとも思うけれど、こんな周りと比べてどう考えても劣っていると感じる人生。

どう考えても幸せだとは思えない人生。

 

30歳を過ぎて、思い出すのは小学生のころから爪をむしっていたこと、
薄い爪を見つけるとどうしてもいじりたくなる、そのせいで柔らかくなったとも思うけれど、
それもこれは親からの遺伝だからしょうがない、足が遅いとか、ぽっちゃり体形とか、
丸顔とか、可愛くないとか、それと同じだとずっと子供時から思ってたんです。

 

最近、人生、投げやりになっている自分がいますが。

爪が薄いとか柔らかい、割れやすい、爪のトラブルは親の遺伝だからしょうがないってそう思ってたんです。
でも、よくよく調べてみると、原因は私の心にも問題があるようでした。ネガティブ思考からくる心のストレスというところでしょうか。

 

爪が薄い。柔らかいなどの爪の悩み、原因は栄養不足やストレスが一つあります。

私は今もそのせいか、よく爪がワレます。

「爪が割れる、欠ける」などの悩みは、もっとも多い手指の悩み第2位なんだそうです。

一番多いのは「ささくれ」(62.2)次に「爪が割れる。欠ける、ヒビが入る 」(39.6)と続いています。

 

ちなみに3位は「ひび割れ」らしいです。

とくに乾燥が多い冬場は洗濯とか、水仕事は辛いですよね。
「綺麗な爪と手は自慢だった?」頃の自分の写真は笑顔の質が違っているように見えました。
爪が薄いとか、柔らかい原因の一つには栄養不足が大きく関係しているようです
私も爪が弱いので、なるべくカルシウムをとるように心がけています。
牛乳とかですが、毎日飲める時は飲んでますね。

 

最近、お魚離れが進んでいるので、魚の骨とかみんな、ほぼ食べないですからね、

そんな生活習慣から徐々にカルシウム不足みたいなものがきたのかもしれないです。
私は生まれつき爪が薄いし柔らかいんです。
家族もみんなそうなんですが、

すぐに2枚爪になるんですね。

よくよく考えると、子供のころから日々の食卓に並んでいたものを考えると、

カルシウムは少なかったかな?(たとえば魚をあまり食べていなかった、牛乳を飲む回数が少なかったという意味で)

 

今後の対策としては栄養に気をつけること、後はサプリメント、保湿、爪の根元にネイル用のキューティクルオイルをつけたりするのもありだと思いました。
爪が薄い、柔らかいと感じて悩んでいるのですね。爪に栄養を与えて、どうにか柔らかい、薄い爪の対策を考えていたのではないでしょうか。
ちょっとしたことで割れたり裂けたりして嫌になりますよね。爪が柔らかい、薄いという状態を少しでも改善したくて、
爪に良さそうなものをあちこちのお店で調べて購入してみても、実際に使ってみてイマイチ効果を感じないという事はありますよね。

 

私も爪が薄くて柔らかく、特に中指の爪の端っこの方が割れる?というか裂ける事が時々あるので、

どうにかならないかと悩んでいたりしたのですが、ついつい伸ばし伸ばしにしていたんです。

 

とは言っても何をどうしたらいいのかわからず、
まずは爪に悪いことについて調べてみたんです。
今の自分の爪の状態と比較してみたら、原因がわかりました。

 

ちょっと調べてみたんですが、爪は栄養を吸収するようなものではなく、爪の内側から栄養をもらって伸びていくような感じなんだそうです。
なので、ツメそのものより、内側に栄養を与える感じでいると、効果が出てくるようです。
私はよく親に爪を見られて、「栄養がいってないね、栄養不足だね。」とか言われてました。
爪を強くするにはビタミン系やたんぱく質の物をバランスよく摂ることが、まず大切なようです。

 

生活習慣というのは、やはり大切ですね。後、爪をケアするものにも気をつけたいですよね。
CMなどで宣伝しているもの、人気のものを使ってみても、イメージとは全然違って「あれ!」ということをかなりあります。
私も爪のケアのためにいろいろなモノを試してみたと思いますが、その中でも「いいかも」と思えたモノは多分少ないと思います。

 

それに本当に評判の良いモノとかは買おうとすると売り切れてたりするんですよね。
売り切れだったことで、またそれを使わないで違うモノを使ってイマイチなんてことになったりします。

 

爪が薄い、柔らかいに加えて

爪が薄い、柔らかいことで悩んでいる方は多いようです。実際、私も爪が薄い感じと、人よりも柔らかいのではと悩んでいたことがありました。
爪が薄い、柔らかいに加えて反っているというのもありました。私も、その時にいろいろと調べたのですが、
爪が薄いとか柔らかいというのは食生活がかなり関係しているようです。

 

爪が薄い、柔らかいや、反ってる爪などの人は食べ物の好き嫌いが多い人がなどがかなりいるようです。
言われてみると私も食べ物の好き嫌いは激しく、どちらかというと偏食気味な方で、
バランスの良い食生活というのを心がけているかと言われれば、かなり無縁だと改めて感じたんです。

 

爪が薄い、柔らかいなどと嘆く前に、自分が健康な食生活をしなければ、爪も健康な状態にはならないのだと気づかされたんです。
他にも貧血などはないでしょうか?爪が薄い、柔らかい、反っているなど、爪にトラブルがある場合は
貧血の疑いもあるようですので、もし心当たりがあるのであれば気にしてみてください。

 

爪が薄い、柔らかいのまとめ

 

爪が薄い、柔らかいというのはいつごろから気がついたのでしょうか?
最近でしょうか、もし、かなり前から気がついていたのであれば、特に変な病気というわけではなく、
栄養不足というのが原因という場合は、早めに予防だけはした方が良いかもしれないです。
今すぐにでも食生活を改善するようにしたほうが間違いないと思います。
というのは、爪が薄い、柔らかいなどの症状を戻すことを考えた場合、しっかりと爪に栄養が届くのに数か月はかかるらしいです、

 

何でもそうかも知れないですが、今、栄養のあるモノを食べたからと言って、
爪の薄い部分、柔らかい部分はすぐに変わるわけではないということですね。
爪の薄いのや柔らかいのを放置していると、一番やってしまうのが、剥がしたり、むいたりしてしまうんですよね、
爪が薄いのも柔らかいのも、本当に嫌になりますよね。

 

マニュキュアなどを爪の薄い部分だったり柔らかい部分に塗ると良いみたいなことを言うような人も中にはいますが、
爪が薄くて柔らかいと缶ジュースの蓋も開けられなかったり、深爪になってしまったり、
実はすごく爪ってダメージが大きいですよね。

 

ネイルケアというのもいいかもしれないですが爪が薄いのも柔らかいのも生活習慣で改善できるのであれば、
その方が実は長く爪の薄いのも柔らかいのもケアできるということになるように思います。

 

爪が薄くてギターが弾けない。

爪が柔らかい、薄いのが原因でクラシックギターなどをしたくても出来ないと思っている方も中にいるようですが、
私もギターを弾いていたことがあるのですが、最初はどうしても爪を使って引いてしまうんですよね。

 

独学で始めるとなおさらそういう弾き方になるかもしれないですが、変な話、最初は爪で弾いていても、だんだん指で弾くようになるんですね、自然と。
なので、爪が薄くて柔らかくても、興味があるならやってみると良いと思います。
最初は爪が剥けたり、指の皮が剥けたり、タコが出来たり色々ありますが、
やっているうちに指自体が強くなって、指先も固くなってきたりしますので、慣れもあると思います。
ギターなど指を使う楽器などは、指自体を強靭にする一つの方法かもしれないですね。
自分の弾きやすい弾き方が弾いているうちに決まってくると思いますし。

 

小さい時から爪が弱い

 

小さいときから爪が弱いと言う方も少なくないですよね。
爪が他の人よりも柔らかいというのもありますし、ちょっとしたことで二層に剥けてしまったりすることは私もありました。
そんな時はよく剥いてむしってましたが、そのせいで血が出たりして絆創膏を貼ってました。

 

体質のせいもあると思いますが私の場合ですが、いつの間にかそれは改善していたような気がします。
多分ですが、生活習慣を改善したからかも知れないです。
ケア次第では弱い爪も強くもなるようですが、確かにそれはあると思います。

 

厚みを変えるのは難しいと思いますが、強くは出来ると思います。
私も野菜が嫌いなせいか、爪が弱いというか、二枚爪にもよくなります。
爪は乾燥にも弱いようですので爪をケアするオイルを爪の根元に塗りこむといいです。
爪全体をマッサージするように一時期は塗っていました。

 

今はサボってますが、仕事で軍手を履くいていた時は爪だけではなく、手自体も荒れていたので、ほぼ毎日塗っていました。

 

季節にもよりますが、あなたの爪が乾燥しやすい爪だとしたら、保湿してあげるイメージで良いと思います。

 

伸ばしても剥がれる爪、薄く柔らかいせい?タンパク質でカラダの中から。 痛んだ爪のダメージケアができる美容液ネイル

爪を伸ばそうとしても、伸ばしているうちに表面の薄い部分が剥がれたり、裂けたり、白くなってる部分が剥がれたりする場合もありますよね。
案外、爪のダメージって大きくて、一度剥がれたり割れたりすると処理するまでいじりまくって悪化させてしまう事も
私の場合しばしばありました。強い爪にしたいですよね。

 

表面からどうにかしようと考えるのもいいですが、カラダの中から栄養を補給することもかなり大事なんですよね。
爪はタンパク質が大事ということで、鶏肉、特にささみとかを食べるようにすると爪の状態も変わってくると思います。
他にも大豆類ですよね、多く取ると良いと思います。

 

爪を噛んだりむしったりする自傷行為 ネイルしながら傷んだ爪を補修・保護・保湿する美溶液ネイル

爪をむしる、噛むなどの癖のある人もかなりいますよね。
もちろんそれをしていると爪も薄い、柔らかい、あるいはなかなか生えない状態になることもあります。
自傷行為と言っていいのか分からないですが、している人に話を聞くと、むしったり、噛んだりしていると気持ちが落ち着く、
面白い、とかいう意見が多いので、たぶんそれは何らかのストレスからきていると私は思います。

 

止めたくても止められない、ただ癖のある方は、指から血が出たり、ギリギリのところまで剥いたりしてしまい、
それを繰り返しすぎて、爪が柔らかい、薄い以前に、ほとんど爪がない状態とかになっていたりしますので、
やはりそれは止められるなら早めに止めたほうが良いと思います。
剥きやすい指と言うのは決まった指と言うのもあると思いますので、そこに絆創膏を貼って抑えるように心がけるというのも一つだと思います。

page top