仕事休む理由 精神的

仕事休む理由 精神的〜周りに言えず苦しむこと…。

仕事休む理由 精神的

仕事休む理由 精神的

仕事休む理由が精神的なことだとは、周りには言えずに苦しんでいる人も少なくないのではないでしょうか。

 

でも実際は仕事休む理由の大半は精神的な理由だったりするので、
あんまり自分で自分のことは責めないほうがいいです。

 

確かに仕事休む理由として、本当に体調が悪くて休まなければならない時もありますけれど、
それ以外だとすると精神的なこと、とくに人間関係が原因だったりしますよね。

 

私も何度もそういうのありました。

 

苦しみは同じ。うつ病の症状顔つきになった理由

 

・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。

 

・うつ病の症状顔つき 目次

 

精神的 休む 連絡

仕事休む理由として、 ”精神的なことで休みます”と連絡したなら、
その時点ですでに退職覚悟で連絡してきたと思われますよね。

 

たぶん、仕事休む理由が精神的なことだと上司などに伝えたところで、
その内容と言うか、自分のことを気にかけてくれる人が、職場にどのくらいいるのかと考えると、
何ていうか、今の会社にいる意味、とか、そういう理由も自分の中で見えてくるというのはあるかもしれないですね。

 

ちゃんと親身になって考えてくれる人がいるのであれば、たとえうつ病とかになったとしても、
退職せずに今の仕事を続ける意味もあるかと思いますが、そういう相談できる人も職場にいない場合は、
どんどん苦しくなってしまうのも分かります。

 

欠勤理由 精神的

あなたが仕事休む理由、欠勤してしまった理由が精神的なことだと自分で認識しているのであれば、
すぐに転職だとか、そういう話を考えるのではなく、将来的にどういう方向に本当は行きたいのか、
どんな人生を本当は送りたいと考えていたのか、もう一度、自分と向き合うというのは一つなんじゃないでしょうか。

 

仕事休む理由が精神的なことだということは、少なからず私もそうでしたが、
嫌な環境にいて、嫌な人間と過ごす時間に悩んでいるという状態だと思うんですよね。

 

それが仕事休む理由、精神的な最大の悩みだと思うんです。

 

やっぱり、そこをどうにか改善させない限り、あなたのなかで状況は変わらないと思いますので、
もしも仮に仕事休む理由は精神的なことだけれども、まだ休んでいない、ためらっているのであれば、
一日、理由は伏せて、病欠という事でずる休みをしてみるのも一つだと思います。

 

それで休めたら今後について誰か相談できる相手がいるのであれば、相談してみるのも良しですし、
仕事について、会社について、その取り巻きの人間について、冷静に向き合ってみると、
少し答えが見えてくるのではないでしょうか。

 

仕事 休みたい 疲れ

仕事休む理由として精神的な疲れがほとんどなんじゃないでしょうか。
ある意味、あなたが真剣に頑張っている証拠なんですよね。

 

もう休みたいと思うくらい走り続けてきた感じじゃないでしょうか。

 

仕事 休みがち クビ

ただ仕事が休みがちになってしまうとクビになってしまうので、仕事休む理由として精神的のキツイのであれば、
一度、会社側と真剣な話し合いをするのもひとつですよね。

 

もちろんこれは辞める覚悟が決まってからの話ですが、今後、仕事休む理由、
あなたの精神的な悩みを分かってもらわなければこのまま続けるのは辛いですよね。

 

仕事休む理由、精神的な悩みをぶつけてみるしかない時は思い切っていくべきです。

page top