不登校 親 疲れた

不登校 親 疲れた〜私の残念な過去

不登校 親 疲れた

不登校 親 疲れた

不登校に親は疲れたと思うのは当然なので、その辺りはあまり気に病まないようにしてください。

 

不登校の子供を持つ親、とくにお母さんが一番つらい、疲れたと感じるかも知れないですね。

 

もちろんそこそこの家庭によると思いますが、母親の方が子供といる時間が長いという家庭が多いのではないでしょうか。

 

子供の不登校から親がうつになる場合も。

実は私自身も当時、不登校になり親はもの酷く疲れた顔をしていたと思うのですが、
子どもの私はというと、自分の不登校のせいで親が疲れたり、うつ状態になるなんて考えるわけもなく、
ただただ学校に登校したくない、原因はいじめをうけていたせいなんですが、
小学校高学年の子供なんですが、どうにかしていかなくていい方法だけを考えていました。

 

とにかく自分の不登校で親が疲れたと感じていようがいまいが、たぶんこれは防御本能からなんでしょうね、
自己防衛のために学校に行かないで済む方法を一生懸命探していましたから。

 

私の体験談が、あなたのお子さんの参考になるかは分からないですが、
とにかく子供の不登校を改善したい、学校に無理にでも行かせたいと考えても平行線をたどるだけで、
親としては疲れたより、辛い気持ちの方が大きくなってくるのではないでしょうか。

 

子供が学校に行かない理由

子供が登校拒否になる理由は様々と言っても、やはり人間関係のもつれ、
大人の人間関係と同じようにいじめなどの人間関係のトラブルが大きいんじゃないでしょうか。

 

こどもはデリケートですから、大人は我慢して乗り切ることが出来ても、
子供は、嫌なモノは嫌なんですよね、素直に。

 

私の子供の時の不登校、学校に行きたくないと不登校で親を疲れた、疲れたと露骨に言われていた時の事なんですが、
その時は、子供の事なので些細な事だったと思うのですが、何らかの原因で最初は数人、
それがだんだんと増えていき、ほぼクラス中からイジメられるようになり、

 

「学校に行かなければ解決する。」

 

と子供ながらに思ったのを覚えています。

 

この状況は職場でのいじめや大人の人間関係のトラブルと同じだと思うんですね。

 

たとえば大人がこの会社で、この仕事で本当にいいのか?と思うのと同じで、
子供たちの、今の学校に行く必要はないんじゃないと子供ながらに悩んで考えているんじゃないでしょうか。

 

小さな子供がそんな風に苦しんでいると思うと、本当に可哀そうですよね。

 

不登校の親が疲れたと感じる理由。

不登校の子を持つ親が疲れたと感じるのは、子供の将来を考えると学校に行かせた方がいい、
勉強が遅れないように、学校に行かないでこのままいってしまうと社会について行けない人間になってしまう、
そんなような懸念があるからではないでしょうか。

 

これはまた難しい部分だと思いますが、今、学校に行くことがすべてではない、
学校で勉強することだけがすべてではないという議論があちこちでされてますよね。

 

そう言う意味でも、不登校の子供を持つ親としても、毎日疲れたと思うより、
ちょっと考える視点を変えてみるというのも一つの手かな?と思うんです。

 

たとえばフリースクールみたいなところ、またお子さんが何かの発達障害のようなものを持っていたとしたら、
放課後等デイサービス、児童デイサービスみたいな場所などもありますよね。

 

今は調べると本当に方法は数多くあると思うんです。

 

小学校、中学校で不登校になっても、ちゃんと高校に入学し卒業して大学進学した人も、私の周りにもいますし、
今の学校という場所が合わなくても、自分に合う場所はかならずどこかにあるんですよね。

 

私がそうでしたから。

 

不登校の子供を持つ親は本当に疲れたとか辛いとか、子供の事を思うあまりそれを強く感じてしまいますよね。

 

でも、たとえば無理に子供を学校に生かせるような事をして、
自ら消えてしまいたいみたいなところにまで子供の頃を追い込むような状況になるよりは、
子供と話し合い、相談できるところがあるならそこの力を借りながらでも、
どうでしょうか、今の学校にいかないという選択肢もあるのではないでしょうか。

 

私の友人の場合は、いじめられて、他の学校に親が転校させたんですよね。

 

ちょっと極端かも知れないですが、それから元気に頑張って有名大学に進学し、
大手の企業に勤め、結婚して幸せに暮らしている人もいます。

 

不登校の子供を持つ親として、疲れた気持ちを別な視点に変換させることで、
ある種、違った方法が見えてくるということはないでしょうか?

 

不登校の子を持つ親の疲れた気持ちについて参考になれば幸いですが。

 

 

page top