うつ病 仕事 休む

うつ病で仕事を休むことについて

うつ病 仕事 休む

うつ病 仕事 休む

うつ病かも?そんな時、仕事を休む事に罪悪感を持たない方が良いと思います。

 

私は自分が精神的な理由で仕事を休むなんてありえないと思っている方でしたが、
その時、仕事を休ませてもらわなければ、私のうつ病は重度のモノになっていたかもしれないです。

 

幸い仕事を休職するようなことなく、さらには周りの支えもあり軽度で済んだんです。

 

うつ病 仕事 休む 理由

うつ病で仕事を休む理由は数多くあると思いますが、一つは自分でも考えられないほど頑張っているということで、
休まなければいけないという天からの声だと考えたほうが良いです。

 

そう言うキッカケがあった時は素直に病院に行ってみるなり、周りに相談するなりは早めにした方がいいです。

 

うつ病にかかっているかどうかは別としても、会社で働いていると、職場人間が何らかのことであなたの異変に気づいていると思います。

 

数日でも仕事を休む方が良いと感じている人が周りにいると思います。

 

労働の問題で働きすぎ、あるいは残業が多すぎて精神的におかしくなってきている場合は、
あなただけではなく、周りの同僚も同じでしょうから、転職、退職というのはまた別な話でしょうから、
お互いに相談して弁護士や労働基準局に相談するというのも一つだと思います。

 

・うつ病の症状顔つきになった理由


・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。


・うつ病の症状顔つき 目次


・傷病手当金だけでは生活できない〜プラスαについて…。

 

うつ病で仕事を休むと給料は

うつ病で仕事を休むと給料に響くというのは正社員の場合と、
非正規社員とでは有休の日数なども職場によって違う場合もありますが、
まずは自分がもし、うつ病の疑いがある、あるいは診察を受けて診断された場合は、
まずは会社の上司に相談、有給休暇でカバーしつつ、収入に響かないようにするにはどうしたらいいのか、
あるいは今の部署がキツイ場合は、残業代は出ないとしても、少し緩い部署の仕事に変えてもらい、
通常通り仕事をし、定時で上がってカラダを休めるようにするなど、
対策を考えてもらうのがいいと思います。

 

また、うつ病で仕事を休むために休職の会社に申請できるのであれば、それも一つではないでしょうか。

 

ただ私が言いたいのは生活のため、お金も大事なのですが、あなたのカラダが一番大事だと言うことを認識してください。

 

給与の問題を言う時点で、その結果によってはさらに頑張ろうとする人も中にはいます。

 

うつ病で仕事を休む事に罪悪感があり、名が鵜は休めないと普通に思うのではないでしょうか。

 

うつ病 仕事に行けない

うつ病で今は仕事に行けないという場合は、上司に相談したうえで仕事を休んでいるか、
それか、一度、職場を退職し、自宅療養などをしているのだと思いますので、
そう両方、どちらの方が場合も、うつ病とか、仕事を休むとか細かい事を考えず、
自分の好きなことをするように日々心掛けながらじっくりとストレスを解消することだけを考えるべきだと思います。

 

私は1週間休ませてもらい、その後はうつ病の症状を緩和するようにと周りが緩い仕事でならしつつ、
会社での完全復帰を支援してくれましたので、転職などを考えることなく、上司が私の対策を考えてくれましたので、
どうにか自分のこころを元に戻すことが出来たんだと思います。

 

うつ病と診断されて仕事に行けないのはしょうがないことですので、甘えられるなら周りに甘えて良いと思います。

 

恩返しは痕でいくらでもできますから。

 

かりにうつ病とかではなくても、こっそり仕事を休む、メンタルヘルスのチェックをしてみるというのも、
もしかするとうつ防止に繋がるかもしれないですね。

 

仮病ではなく、心が疲れすぎてると感じたら休養は必要です。

 

うつ病 仕事 休めない

うつ病で仕事を休めないと思うのではなく、うつ病で仕事を数日休むとして、
その後、少しだけでも働かせてもらいたいという風に考えたほうが良いです。

 

ちょっとわかりにくいかも知れないですが、「仕事は休めない!」と思ってしまうと、
それはそれで責任感からまた疲れてしまうと思いますから、
自分の気持ちではなく、まわりに役に立てることがあるかどうかを考えるほうが少し気が楽ではないでしょうか。

 

みんなのことを考えて休めないと考えるより、周りに聞いてみる、そこで、

 

「大丈夫、あなたが戻ってくるまで頑張ってるから早く治してください。」

 

とか言ってもらえるなら、素直に完全復帰まで、こころも楽なんじゃないでしょうか。

 

心の病は本当に長引くと厄介ですから。

 

休めるのであればちゃんと休ませてもらいましょう。

 

うつ病だからどうとかではなく、仕事を休む、ちゃんと休養を取るというのも大事なことです。

 

うつ病 休む 期間

うつ病で休む期間については人それぞれ、症状によってももちろん変わってくると思うんですが、
軽度の場合でも半月から1ヶ月は休めるなら休んだ方がいいんじゃないかと思います。

 

考え方としてはあなたがどのくらいでリフレッシュできるか、仕事のことを忘れて違うことを考える時間を持てるようになれるかどうか、
うつ病の診断を受けたとして仕事を休むことに罪悪感があるうちは、休んでいたほうが個人的には良いと思います。

 

私は当時はそれしかなかったです。

 

何でも自分でやっていると思っていましたので、周りに任せることが出来なかったというのがあるんですが、
そんあことはなく、自分がいなくても会社は回るんですよね。

 

とは言え、様々な理由からうつ病になり、仕事を休む人は大勢いると思います。

 

理不尽な要求を突き付けられ、人間関係に苦しみ、あり得ないような労働状態で過ごしてきた方も中にいるのではないでしょうか。

 

ただ一つ言えるのは、うつ病かどうか、またその疑いがあるか?自分で気がつくというのはかなり難しいことだと思うんです。

 

私も周りに指摘されなければ、きっと病院などで診察もしてませんし、
仕事を休むことなく、大変なことになっていたかもしれません。

 

まわりにうつ病っぽいことを言われたりした時は、仕事を休むことに罪悪感を持たず、
しっかり今の自分と向き合うというのが大事だと思います。

 

その兆候があるのであれば、診察してもらうと良いかと思います。

 

何でもなければそれでいいのですから。

 

うつ病の人の無断欠勤、連絡しないのではなく。

 

うつ病で無断欠勤になるのは連絡しないのではなく、したくても出来ないんだと思います。

 

うつ病で無断欠勤、その後連絡無しの友人の話です。

 

私の友人は、働いていた会社を退職、その後、なかなか仕事が見つからず、
私が当時勤めていた会社で、派遣社員として働きながら正社員の仕事を探してたのですが、
なかなか思うような仕事が見つからず、奥さんと子供二人、それが精神的に苦しかったんだと思います。

 

私がうつ病だということを聞いたのは、彼が私の会社を無断欠勤し、辞めてから事情を知りました。

 

友達なのに、何にもしてあげられなかったという想いよりもむしろ、無断欠勤して、私に連絡もなしに退職したことについて、
遺憾に感じていました。

 

離婚問題が原因でうつ病になった

当時の事を振り返ると、私も仕事の事で悩んでいました。

 

契約社員で働いていた私は、その時、正社員になれるかどうかの瀬戸際みたいな時でした。

 

そのせいで、友人の話を聞いてあげる余裕がなかったのも事実です。

 

彼は離婚して、弁護士とのは話し合いで、真剣は奥さんの方に、
まだ小さい二人の子供に会えないことが精神的にきついと一度ご飯を食べに行ったとき、話してました。

 

子供がいない、独身の私には、それがどれだけ苦しいことか、理解していなかったと思います。

 

彼が退職したその後。

彼が退職したその後の話は、彼が退職した5年だったでしょうか、彼の弟から突然連絡があり、
ざっくりした詳しいは話を聞きました。

 

私の職場を辞めたあと、一度こちらから彼に連絡し、少し話し、お互いの誤解を解き、
それからはどちらからともなく疎遠になっていました。

 

しかし、話を聞くと、弟の話だと、その後彼は居酒屋でアルバイトしながら、実家に暮らしつつ、
兄弟とは仲が悪く、電話をくれた弟とも、口を聞いてないようです。

 

電話を切った後、私は当時の事を少し悔やんだのを覚えています。

 

うつ病で無断欠勤になるのは連絡しないのではなく、したくても出来ない、
そこは当時の心に余裕のない私には、理解できるはずがないと、常識から言って、無断欠勤、
まして友達の紹介で働いているところでそれはあり得ないと考えるのが普通ですが、
それでもそうしたということは、それほど何かあると、考えれば良かったかもと思う今日この頃です。

 

私の人生も当時とは大きく変わりましたから、誰かの助けがなければ今の自分はないことは自分が身に染みています。

page top