旦那を拒否して離婚 後悔

旦那を拒否して離婚 後悔〜3つの試練とキレイな復縁

旦那を拒否して離婚 後悔

旦那を拒否して離婚 後悔

旦那を拒否して離婚、後悔している女性は多いと思います。

 

私もごくごく普通の一般の主婦でした。

 

それがある頃を境に一気に人生が転落。

 

小さなケンカからの言い合いから徐々に旦那を拒否して離婚、
その後は後悔しかありませんでした。

 

私の自己都合というか、気分的なこともあって旦那を拒否して離婚、
旦那から

 

「離婚してくれ」

 

と言われてからは後悔してもしきれないというか、
そう言われて初めて色々なことで目が覚めたんです。
でも、どれだけ頑張っても状況は変わりませんでした。

 

子供の事もありますし、もちろん何度も話し合いを持ちました。
しかし、その時は小さなことの積み重ねから、

 

”私とはもう暮らせない”

 

夫婦生活だけではなく、色々なことを拒否され続ける苦痛を、自分がされたらどう感じるのか、
考えればわかることではありましたが、私は私で、日々の子供の幼稚園の集まりや、
子供のママ友との人間関係など、ストレスが溜まっていたせいもあり、こころがいっぱいいっぱいになっていた時期でしたし、
旦那に対する愛情のかけ方と言うのか、気にかけ方がいけなかったのは確かです。

 

そう言った意味で何かにつけて旦那を拒否して離婚にまで発展してしまい、
後悔の毎日を送ることになりました。

 

1. 産後 拒否 後悔

旦那を拒否して離婚、一番後悔したというか、どこから旦那を拒否して離婚になってしまったのか、
後悔をたどっていくと、産後の拒否が一番よくくなかったんじゃないかと振り返りました。

 

最初の子が生まれた時はまだ、そう言う事は無かったのですが、二人目が生まれたころから、
私の心境の変化もあったのか、仕事終わりに飲んで帰ってくる旦那、
休みの日にゴロゴロしている夫を見ていると、愛情が次第に薄れていく感じがあったのも事実でした。

 

その時は、私の方が離婚したいと思ったことも何度もありました。

 

でも今は旦那を拒否して離婚して後悔したくらいですから、
離婚したいと言われて初めて、色々な意味でパートナーというか、
大切な存在だと後から気がついても遅かったんですね。

 

2. 夫をないがしろにして後悔

旦那を拒否して離婚になり、後悔していたある時、
あることをキッカケにもう一度やり直す方向で動き始めます。

 

上の小学生の娘が夫に戻ってほしいと家を出てからずっと、近くにある夫の実家に通い、
言い続けてくれたみたいで、そこから少しずつ、話し合う機会が週十分、一時間、
数時間と増えていくようになりました。

 

もちろん私も、色々な面で旦那を拒否して離婚になって後悔していることを夫に伝えました。

 

その後、私が旦那を拒否して離婚、後悔の日々を送る日々が2年まではかからなかったと思いますが、
子供のためというのが一番ですが、旦那が家に戻ってきてくれました。

 

3. 優しい夫 離婚 後悔

その後は、子供と優しい夫のおかげで精神的にも落ち着いた日々を過ごしています。

 

旦那を拒否して離婚になったころ、それを後悔していたころの私は、
日々の人間関係などのストレスから精神的におかしくなっていたこともあり、
旦那が誰よりも優しい夫だということを忘れていたんだと思います。
旦那が自分の親や家族、周りに優しいところに一番惹かれていたことなども、
知らず知らずに感謝の気持ちも忘れてしまっていたんです。

 

旦那 拒否してたら もう一度やり直す一つの方法

旦那を拒否して離婚の話し合いになって後悔している他の人が
どんな方法で復縁に向けて前向きな話し合いをしているのかを気になって探してみたところ、
これなら着実に一歩一歩進めていける、
具体的な事例をあげているので、旦那を拒否して離婚になり後悔している、
あるいはまだ離婚していないけれど、話し合いになっている場合、
自分で実践する時にも役に立つはずです。

 

旦那にもう一度、好きになってもらい、やり直したいならなおさら
じっくりご覧になってみてください。

page top