うつ病 顔つき

うつ病 顔つき〜どうせ…という苦しみ。

うつ病 顔つき

うつ病 顔つき

うつ病の顔つきに見る悲壮感、あるいは無表情は夢や希望など、
過去に持ち合わせていた感情を忘れてしまっているかのような表情と言うんでしょうか、
それがうつ病の顔つきの一つなのかな?と当時の自分の、
うつ病の症状があったころの写真を見て思う事です。

 

あの頃の自分の状況を考えると、医師や家族にうつのことを相談してはいましたが、
それでも結局は、助けてほしいと、誰にお願いすればいいのか、

 

”どうせ誰も自分のことなんて分かってくれない”

 

とにかくどこまでもネガティブな自分がいますが、実際、
自分がうつ病の顔つきをしているなんて、これっぽっちも思わないんですよね。

 

自分としてはいつも通りに過ごしている、いつも通りの顔をしていると思ってるんですよね。

 

だから怖いのと、自分が仮にうつ病の顔つきをしていた場合、
やはり私に近づきたくないというのが分かる場合があって、
本当に負の連鎖と言うんでしょうか、どうやってそこから抜けられたのか、
正直ハッキリとは思い出せない部分もあるんです。

 

うつ病の症状顔つきになった理由

 

・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。

 

・うつ病の症状顔つき 目次

 

うつ病 初期症状 泣く

今振り返ると、あれが私自身のうつ病とその顔つきの始まりだったのかもしれないです。

 

その初期症状と言うんでしょうか、みんなの前でワケもなく泣くことが度々ありました。

 

もちろんワンワン泣くわけではないです。

 

普通にワイワイ、和やかな空気が流れている間も、気がつくと涙がこぼれていたりしたんです。

 

人間関係のストレスというよりは、仕事に対する責任感へのストレスだったんだと思います。

 

問題はそれで自分がうつ状態じゃないだろうかと思わないことですよね。

 

自分では上記でも触れましたが、うつ病の顔つきかも知れないなんて思いもしないんですよね。

 

精神的に病んでしまうと仕事に支障をきたしてしまうので、分かりそうなものですが、
自分では病気を疑うことがないところが厄介なところかもしれないです。

 

言われてみれば当時は、仕事であり得ない様なミスを連発してたりいました。

 

うつ病の人が好む色

うつ病 顔つき

うつ病の人が好む色なのかどうなのか分からないですが、精神的に病んでいたころは、
異常にヒマワリの黄色に癒されていたのを思い出します。

 

あちこちで何かを探す場合、あくまでも私の場合ですが、黄色の入ったものをベースに買い物したりとか、
あとはひまわり畑の写真を見ては数時間眺めてみたり、

 

今思うと、明らかにおかしいんですが、自分では普通だと思っているから怖いです。

 

いつも待ち受け画面のヒマワリばっかり眺めている自分を見て、パートさんが一言、

 

”かなり疲れていますね。”

 

って言ったのを思い出します。

 

うつ病 仕事

私自身がなったから言うわけではないんですが、
一番気をつけたいのはうつ病で仕事に支障が出た時ですよね。

 

上記でもお伝えしましたが、うつ病の顔つきをしていても、仕事であり得ないミスをしても、
それこそ、自分ではおかしいと気がつかないと思うんです。

 

なので、たとえばですが、自分の人生の状態があまり良い状態ではないと感じている場合、
たとえば職場で、

 

”顔色が悪い”

 

とか、自分自身は全くそんなことないのに周りに言われたりした場合は、
自分のうつ病、あるいは悩んでいる顔つきをしていることを疑う事が大事なように思います。

 

疑ったとしても、何でもなければそれでいいんですから、日々、精神的なストレスが強いと感じている場合、
一度、うつ病もそうですが、酷い顔つきをしていないか冷静に考えてみるというのも一つかも知れないです。

 

私の場合は幸運だったのか分からないですが、職場の人間が

 

”お前はおかしい顔つきをしている、うつ病になってる感じがする。”

 

ってハッキリ私に言ってくれたんですよね。

 

それを言われた途端、私は不思議と、許されたような気分になり、
そこでワーッと泣いてしまったんです。

 

あの時、その人が私にうつ病の顔つきについて指摘してくれなければ、
いまごろどうなっていたのかと思うと、ちょっとゾッとします。

 

しかも私にうつ病の顔つきを指摘したのは私の大嫌いな人間だったんです。

 

もしかすると、いつものように嫌味のように言ったのかもしれないですが、
私はそれで救われたとすれば、今までの人を侮辱するような言動の数々は帳消しにしてあげるという感じです。

 

うつ病の顔つきは自分ではわからないので、
誰かに自分は顔色は悪いかどうか尋ねてみるのもひとつですね。

 

うつ病の表情顔つき

page top