うつ病 仕事しながら克服

うつ病を仕事しながら克服することについて

うつ病 仕事しながら克服

うつ病 仕事しながら克服

うつ病は仕事しながら克服する方向で考えたほうが、私自身は良いと思うんです。

 

私自身もうつ病を仕事しながら克服、いつの間にか良くなっていましたから。

 

うつ病 仕事 休む

うつ病で仕事を休む、休職するのはもちろん大事なことだと思いますし、それが必要なんだと思います。

 

ただ、これはあくまでも私が休んでいた時の感想なんですが、自分がうつ病と診断され、休職している間の時間は、
正直、仕事の事をあまり考えない時間、会社の事を忘れて休もうと思ったのはほんの数日で、
残りの時間は職場の人間関係の事や、このまま退職して転職先を探さなければならないのか?みたいな、
とにかくネガティブなことばかり考えてしまい、休んでいる時間は多かれ少なかれ、あんまりよくなかったというのが自分自身の感想でした。

 

自分の性格からして動いてなければ落ち着かない、自分で言うのもなんですが、そう言う生真面目なところからメンタルが崩れて、
その結果、うつになってしまった可能性を考えると、居場所があるのであれば、
仮にあなたがうつ病にかかっているのであれば、仕事しながら克服することは考えられるでしょうか?

 

うつ病 仕事 両立

うつ病と仕事の両立は一人では無理だと思います。

 

私の場合、誰の力もかりずに、独りで戦おうとしたのが良くなかったと思いますし、
もしあなたがうつ病になってしまった場合は、職場に誰でもいいので相談できる人、
あなたのことを理解して、仕事を手伝ってくれたり、付かず離れずでも見守ってくれるような人がいるのであれば、
復帰してうつ病を仕事しながら克服することは可能だと思いますが、
かりに職場に戻ってもあなたの味方になってくれる人が居ないのであればうつ病と仕事の両立はおろか、
同じ環境でうつ病を仕事しながら克服するのは難しいと思います。

 

それであれば一度退職し、環境を変えたほうがストレスも軽減され、
うつ病を仕事しながら克服することは可能だと私は思うんです。

 

当たり前ですが、嫌な人間の顔を見ると、誰でも嫌な気持ちになりますし、
こころの病じゃなくてもメンタル的にキツイのは皆一緒だと思います。

 

うつ病の症状顔つきになった理由

 

・急に不安感に襲われる〜おかしいと思って調べてもらった…。

 

・うつ病の症状顔つき 目次

 

うつ病 仕事 辞める

うつ病で仕事を辞めることについて考えた時、私の体験談からですが、こんな風に考えてしまうんですよね。

 

「辛い場所から逃げるようで嫌。」

 

「プライドが許さない。」

 

もしこのような感情がある場合、気持ちはものすごく分かるんです。

 

しかし、冷静に今の会社について、職場について、あるいは絡んでいる人間について、
どうでしょうか、あなたがそこまで本気になるような職場でしょうか?
あるいは大事な人間たちでしょうか?

 

もし大事だというのであれば、「逃げたくない!」とか、「もう一度役に立ちたい!」と思うのは間違ってないと思います。

 

ただ、意地とかそう言う部分が邪魔しているのであれば、あなたの人生のために、未来のために、
そんな環境こちらから捨てちゃうという考えはどうでしょうか?
あなたが逃げるのではなく、こちらから捨てるんですね。

 

別に退職、転職をうながしているわけではないですが、労働の環境も良く、もっと良い世界、
知らないだけで外にはたくさんあるんですよ。

 

会社を出なければなかなかわかりにくいですし、良い時もあった職場ならなおさら分かりにくい部分はあるんですよね。

 

昔は良い環境だった、でも悪くなった、本当にずっと同じ状態で環境が続くというのはなかなかないような気がします。

 

うつ病の克服、体験談。うつ病でも仕事できる環境。

うつ病だということを受け入れてもらった上で当面の間、仕事できる環境かどうか、
ここが大きな部分だと思います。

 

あくまでも私の場合の体験談なのですが、私が職場に仕事復帰できたのは、周りにうつ病であるということを受け入れてくれた上で、
サポートしてくれる、仕事をさせてくれる環境があったからこそ私は、うつ病を仕事しながら克服できました。

 

思い出す限りの自分の精神状態は、周りにすでに迷惑をかけているにも関わらず、甘えられないとか、
こんな状態で本当に役にたっているわけがないとか、やはりネガティブな感情ばかりが湧いてきたりしたんですが、

 

「今はとりあえずそれでいい。」

 

みたいなことを言ってくれる人が周りにいたのでどうにか乗り越えられたと思いますが、
こころの症状については、

 

働いているうちにいつの間にかネガティブな感情は忘れてしまっていた。

 

うつ病を仕事しながら克服していた。

 

「気がついたら克服していた。」

 

こんな感じだと思います。

 

職場に支援してくれる、サポートしてくれる環境がなければ、戻らない方がいいと私は思います。

 

うつを克服する最善の方法

うつを克服する最善の方法について考えてみたんですね。

 

私は専門医でもなんでもないので、確かな事なんてひとっつも言えないと思いますが、
私自身、職場の人間関係が原因でうつ病になり、そしてまた仕事しながら克服できた経験談から言えば、

 

「人に優しくしてもらう。」

 

「人に甘えさせてもらう。」

 

「自分の味方の誰かに一緒にいてもらう。」

 

もっと簡単に言うと、

 

「つねに誰かと会話すること。」

 

これがうつを克服する最善の方法なんじゃないかって私は感じています。

 

うつ病を仕事しながら克服するのは簡単じゃないのも事実ですね。

 

私は人に恵まれていた部分は間違いなくありますし、復帰した時、変わらず敵の存在もありましたが、
それと同時に、かばってくれる人も数人いたんですね。

 

その人たちのおかげで私はもう一度、どうにか持ち直すことができ、
うつ病を仕事しながら克服出来たんだと思いますから、休職した後、同じ職場に戻る場合、

 

「大丈夫、大丈夫。心配ない。」

 

みたいなことをあなたに言ってくれるような存在が職場にいない場合は、
うつ病が軽度でも仕事しながら克服するのは難しいと思います。

 

見方がいなければまた、独りですべてと戦おうとしてしまうんです。

 

そのせいで、最初は軽度で自宅で休職して復帰できたのに、その後、また女性同士の人間関係のトラブルから、
今度は精神科のある大きな病院に入院した同僚がいました。

 

かりにあなたがうつ病を仕事しながら克服した場合は、まず大切なことは、
何かと一人で戦わないこと、ひとりで背負わないこと、開き直って周りに頼る、甘える、
この心がけが一番大切だと私は思います。

 

これができなければまた、メンタルがすぐにキツクなると思います。

 

無理だけはしないで肩の力を抜いて前向きに歩きましょう。

 

楽観的に。楽してください。

 

かりにうつ病になってしまったとしても仕事しながら克服出来るのであれば、それが一番いいと思います。

 

あくまでも私の時の事を振り返って思う事なのですが、家で休養していても職場の事を常に考えていましたし、
反対に仕事を休んでばかりで家にばかりいる方がメンタルにも良くないんじゃないかとも思うんです。

 

あくまでも私の体験談なので、参考になるかどうかはわからないですが、
誰とも会わずに一人で考え事ばかりしてると、ロクなことを考えないというか、
孤独はロクなことにならないというんでしょうか、なので、どうせすでに周りに迷惑をかけてしまっていると思うのであれば、
仕事をさせてもらながら、うつ病を克服させてもらいながら、後で迷惑をかけた分、恩返しをする、
こんな考えはどうでしょうか。

 

ただ、人間関係が良くない職場や、自分自身、復帰したくないような職場の場合は、
ほかの就職先を探したほうが良い場合もありますよね。

 

うつ病になってしまい、仕事を休む場合、周りの支援が難しい場合が、もしかするとほとんどかも知れないです。

 

私の場合は、仕事の忙しさ、責任の重さというところで、
その原因が人間関係が原因ではなかったのが幸いしたのかもしれないです。

 

うつ病の表情顔つき

page top