ストレスが限界に達した時に出る症状小学生

ストレスが限界に達した時に出る症状小学生の私のイジメ体験

ストレスが限界に達した時に出る症状小学生

ストレスが限界に達した時に出る症状小学生

「ストレスが限界に達した時に出る症状、小学生の時の私の症状…。」

 

ストレスが限界に達した時に出る症状について小学生の時、激しいイジメを受けていた私は、
最初のうちはイジメを受けても我慢して、日々を乗り越え、小学生ながらに、
親には絶対にイジメられていることを知られたくない、心配かけたくないと言う気持ちから、
大人になった今、当時を振り返ると、小さな子供の自分に辛い思いさせたと思うのですが、
たった一人、休み時間に学校のトイレに隠れたり、同じクラスの人がいない場所をウロウロしたり、
それが私のストレスが限界に達した時に出る症状小学生の時の初期症状だったと思います。

 

イジメのストレスを少しでも避けるための防御反応がそうさせたと言いますか、
あくまでも私のイジメに関してのことですが、

 

”嫌がらせをしてくる相手の顔を授業中にジッと見てしまう”

 

厳密に言うと見ずにはいられない精神状態というか、今だから言えるのは、

 

”チック症”

 

のような症状だったと思います。

 

もしくは嫌がらせされている相手への私のささやかな抵抗だったのかも分かりません。

 

「ストレスが限界に達した時に出る症状、小学生について」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

心が壊れる前兆

その後、イジメがどんどんエスカレートしていった時に出た私のストレスが限界に達した時に出る症状、
小学生の私はどんな時も嫌がらせをされている最中さえも笑顔を作るようになってました。

 

それをまた、嫌がらせをしてくる連中は気持ち悪がってイジメをエスカレートさせる、
私は子供ながらに

 

”笑顔でいさえすれば乗り越えられる”

 

そんな風に考えていたんだと思います。

 

今考えると、その時の自分が可愛そうで涙が出るんですが、
ストレスが限界に達した時に出る症状、小学生の私の無意識の症状がそれだったです。

 

クラスの嫌われ者だった私は、人間不信になっていたわけではないですが、
いつものイジメの主犯格の人間以外にもイジメに加わる様子を冷静に分析していた自分もいて、

 

”なんで私はこんなところに居なければいけないんだろう。”

 

といじめられてる最中に、そんなことを考えていた自分がいました。

 

これが子供ながらにハッキリと覚えている心が壊れる前兆だったと思います。

 

1、ストレス限界サイン 診断

ストレスが限界に達した時に出る症状、小学生が出る症状は他にも当然あるはず。

 

「個人同士のいざこざ」

 

って大人になってからも普通にあるので、
それから起こる自分のストレスが限界に達した時に出る症状を小学生で認識するのは難しかもしれませんね。

 

ただ、これは人によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
ちゃんとした診断を受けることができさえすれば、
親や家族がストレス限界サインに気がついてくれさえすれば、
ストレスが限界に達した時に出る症状、
小学生の子供が乗り越えやすくなるかもしれないですね。

 

ストレスが限界に達した時に出る症状が出る理由として、小学生に限らずですが、
孤独だからいけないんですよね。

 

”孤独はロクなことにならない”

 

と言いますか、あくまでも私の経験からですが、
ストレスが限界に達した時に出る症状小学生の自分はどんな時も孤独感に震えています。

 

笑顔の下で普通に泣いてます。

 

私自身はそうでした。

 

2、ストレスで起こる体の異変

ストレスが限界に達した時に出る症状小学生の場合、すごく分かりやすいのは登校拒否ですよね。

 

イジメ以外、学校以外のストレスが限界に達した時に出る症状、
小学生の行動などは私は専門家ではないのでちょっと分からないですが、
イジメに限らず、先生とのトラブルなど、何らかの原因で学校に行きたくないという事は、
それも症状と言うか、ストレス限界サインだと私は思います。

 

私は登校拒否を起こしても、何も知らない親は

 

”いいから学校に行け!”

 

と言いましたので、その辺はなかなか小学生の私には難しかった記憶があります。

 

でも、当時を乗り越えられたことに感謝しています。

 

当時救いだったのは、そんな時でも、仲良くしてくれた友達が数人いたことです。

page top