うつ病 親に言えない

うつ病 親に言えない理由

うつ病 親に言えない

うつ病 親に言えない

「うつ病のことを親に言えない…。」

 

うつ病のことは親に言えないと、そのことについてもずっと悩んでいるのではないでしょうか。

 

無事にうつ病を親に言えないまま回復に向かうのであればもう問題集ないというか、
言う必要もない気もしますが、相手がどうとかより、

 

”自分の状況を誰かに聞いてほしい”

 

きっと話を聞いてもらえていたなら、もう少し回復は早かったと思います。

 

「うつ病のことを親に言えない。」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

うつ病の症状顔つきになった理由
・結婚できない 不安 うつになった理由
・うつ病の症状顔つき 目次

 

1. うつ病のことを親に言えないのは信じてもらえないから。

うつ病のことを親に言えないでいた、私もごくありきたりな一般人でした。

 

当時、社内でイジメを受けていた私は、日々のイジメに耐えながらも、

 

”なぜ私はこんなにイジメられなければいけないのか”

 

自分で自分の状況を冷静に分析していたのを覚えています。

 

私は自分で言うのもなんですが明るい性格で、人辺りもいい方だったんですが、
何か原因があったのは確かだと思うのですが、少しずつですが周りからイジメを受けるようになり、
気がつくと孤立していました。

 

そんな時、風邪の症状で近くの総合病院に行くんですが、受けた内科の先生から、
心療内科の方に行ってみてくださいと言われ、私自身、日ごろからイジメを受けているストレスから軽度ですが、
うつ症状とチック症の症状があると告げられました。

 

私自身、イジメをショックを隠せなかったんですが、
それと同時になぜかホッとしたのを覚えています。

 

”私はうつ病なんだ、そうなんだうつだったんだ。”

 

って、でも親に言えない、

 

”心配かけるし、入社したばかりだし怒られる、嫌味を言われる”

 

その時は、そんな感情が先に来たような気がします。

 

その頃を日を境に一気に人生が転落、環境の息苦しさから、度々休みがちになりました。

 

もちろん、その状態を必死で抜け出そうと私は私なりに頑張りました。

 

でも、どれだけ頑張っても状況は変わりませんでした。

 

2. うつが回復に向かう転機
しかしある時、あることをキッカケに人生の流れが好転し始めます。
学生時代の知人に転職先を紹介してもらったんです。

 

入社したばかりという事で、まだ親元に居た私は、入社してからの出来事、
イジメにあっている経緯、うつ病になって辞めるかもしれないと親に言えないストレスもあり、
うつ病のことを隠し、親に言えないまま心に閉じ込めていること自体におかしくなっていたのですが、
行くか行かないか、どんな会社かもまだ聞いていないにもかかわらず。

 

”他の会社に行けるかも”

 

と考えただけで目の前が明るくなったのを思い出します。

 

その後は、転職したおかげで穏やかに過ごせています。

 

3. うつ病のことは親に言えないとしても薄々気づかれている。

あくまでも私の場合なので、他の人に当てはまるかどうかは分からないですが、
今現在の環境に酷くストレスを感じているのであれば、
人間関係などもガラッと変える、気分を変えるような状況を作り出すことが、
うつ病を親に言えないような状況を変える一つの方法になるのではないでしょうか。

 

ただ、うつ病になってしまったことを親に言えないのも分かりますし、
環境を変えるのだって簡単ではないので、
結局は人生の流れに身を任せるしかないというしかないんですが、
うつ病のことを親に言えない状況が続くことはあまりよくないので、
小さなことでもいいので、

 

”今の自分の状況を勇気を出して誰かに相談する”

 

これが状況を変える一つの方法になるのではないでしょうか。

 

ムリに頑張るのはムリなので、気持ちが動いた時に何かしてみるといいのではないでしょうか。

 

 

 

 

page top